コンテンツについて

野に咲く花 増補改訂新版

人里近く、野原、田畑、海辺や丘陵などに生える野草約1,100種を、2,500枚の写真と解説で紹介した写真図鑑!

最新のDNA分類に基づき改編し、旧来の合弁花類、離弁花類といった分類を廃し、基部被子植物・モクレン類、単子葉類、真正双子葉類で構成しています。

※本アプリは、『山溪ハンディ図鑑1 増補改訂新版 野に咲く花』(2013年3月30日初版第1刷発行)に掲載された情報を基に、一部をアプリ向けに修正し、構成しています。書籍版はマバリー(2008)の分類体系に基づいていますが、アプリ版は最新のAPGⅢの分類体系に基づいています。アプリ版では、近年よく見られる外来種を中心に50種程度が追加し、約1,200種、2,600枚以上の写真を収録しています。

著者紹介

初版監修 林 弥栄
農林省・林野庁に35年間勤務し,その間全国の植物を調査研究。日本林学賞,日本造園学会賞を受賞。元農林省林業試験場浅川実験林林長,元東京農業大学専任教授。理学博士。

改訂版監修 門田裕一
1949年大阪府生まれ。東京大学大学院理学系研究科植物学専攻修士課程修了。専門分野は顕花植物の分類・地理学的研究。国立科学博物館植物研究部の研究官,主任研究官,室長を経て2006年より研究主幹。理学博士。

写真 平野隆久
1946年東京都生まれ。東京経済大学卒業。在学中から,昆虫写真家浜野栄次氏に師事し,自然の持つ美しさにひかれる。その後,植物写真を中心に撮影を続け,幼児雑誌,図鑑等に作品を発表している。現在,朝日カルチャーセンター講師。

解説 畔上能力・菱山忠三郎・西田尚道・内野秀重